2019年09月05日

制作再挑戦

セカンドライフ制作記

前回弓道の矢に挑戦して、みごと失敗
再チャレンジです

slblog128.png

失敗の原因はプリムのサイズ0.01mのミニマムの限界を考慮しなかった事ですね

通常原寸大で作業するとカメラの移動などでとても作業しにくく
特に小さなオブジェクトは見失う恐れさえありますから
大きく作って、最終的に使用するサイズに合わせる感じです

この時にプリムの0.01なんかを使用していると
それ以上縮小が出来ない仕組みになっています

前回の矢は、羽の薄さと、矢の直径に0.01を使ってしまっているので
それ以上縮小出来ない羽目になったということです

毎週水曜日22時にJAPAN HIROBAさんで
プリムの作成講習会があるとのことで、覗いて来まして
いいサイトを教えて頂きました

http://kero.s36.coreserver.jp/workshop/OnePrim/index.html

ふむふむ・・・これは参考になるサイトです

まずは羽根の薄さを追求

slblog151.png

前回はBOXのサイズで薄い部分に0.01を使いましたが
今回は薄い部分は「切り取り始点・終点」の部分をいじって
めいっぱい薄くしてみました

次に黒い平行四辺形の部分ですが
前回はBOXの「上部層」の数値をいじって斜めに傾けていましたが
これでは切り取りが使えないので

BOXのパスカットを使って三角形を作って
この三角形をコピーしてくっつけて平行四辺形を作るという
荒業にしました

細めの平行四辺形もパスカットの数値を変えて作ってあります

slblog152.png

矢の棒の部分は前回シリンダーの細い数値に0.01を使って失敗しましたので

今回は円錐をうんと長くして「切り取り始点・終点」で一部を切り抜くという荒業w
とりあえず完成です

ただこのやり方はあまり良くない(^^;
後々に全体を縮小したりするときに制御がとてもしにくいのです

slblog149.png

そこで、先に教えてもらったサイトの
「鉛筆」の作り方に注目

なぜチューブの形状の数値をいじったら鉛筆状になるのかは
悩んでも仕方ないので、そのままパクリます

このままビヨ〜〜〜〜〜ンと長くすると
先の尖った部分と、お尻の部分が変形してしまうので
3本コピーして長くする方法を使いました

slblog150.png

小さくして、アバターに装着しても大丈夫かどうかを確かめます

とりあえず人とぶつかったり、何か建物に挟まらないように
ファントムにしてみました

これで完成

slblog147.png

モヒカン君にブスブスと3本ほど
矢を射てみました

装着先とかリンクとかがいまいち把握できませんが
とりあえずやりたかった事は出来た!

一歩前進






posted by 残高ゼロ at 14:13| Comment(0) | SecondLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: